優れたチームのバランス(選手育成のための参考文献)

 パフォーマンスの問題はあらゆる原因で発生する。問題を解決するために選手やコーチは身体的、技術的評価だけでなく、その根底にある心理的、感情的あるいは生活面での事柄も調べなくてはならない。
 そのような分析が自分ではできないと感じたら、コーチや選手は専門家の助けを借りるとよいだろう。科学者と話をする選手やコーチが増えており、そのような選手やコーチの多くは、自分達が多角的サポートチームの中心に位置していることを自覚しているだろう。
 完璧なプロフィールを兼ね揃えた選手など存在しない。したがって、選手は自分の個性を自覚し、それをよい方向に伸ばす方法を学ぶために、コーチやサポートチームと協力して努力すべきである。
 よいチームを作る秘訣は、たくさんある長所をうまくブレンドすることであろう。ブラジルには「偉大なチームにはピアノを運べる力持ちが必要だ」ということわざがあるが、懸命なイギリス人コーチ、デビッド・セックストンは、「兵士と芸術家がバランスよく存在している」のが優れたサッカーチームだとまとめている。
 完成されたパフォーマンスを追求するという作業は、個々の選手の状態に常に影響されるだろう。あるクラブで一人の選手の状態をよくしようとあれこれ手を尽くしたがうまくいかず、万策尽き果てた私がたどり着いた結論は、新しいクラブにその選手を移籍させるということであった。環境の変化そのものが向上へのきっかけとなることもよくある。