CALDIO社会人チーム 第二戦

 2014年6月8日 日曜日に、北摂リーグ第二戦が伊丹市スポーツセンターで行われました。相手は昨年2部リーグから降格してきたチームであり、気を引きしめて試合に臨みました。結果は、


CALDIO 4-0 金井重工

で、カルディオの勝利となり、二戦続けての白星となりました。応援に来てくれたジュニアユースの選手達の応援も社会人チームのモチベーションとなったようです。この試合についての選手のコメントは下記の通りです。


CALDIO 4-0 金井重工

前半
第新(ヘッド) 1-0
竹内        2-0
松下        3-0

後半
安藤(ヘッド) 4-0




神谷監督
 小さいサポーター(カルディオジュニアユース選手・カルディオボーイズ)達が応援に駆けつけてくれた第2戦。去年2部リーグから降格したチームとの対戦となった。自分達のレベルを測るにはちょうど良い相手となった。結果は4−0。前戦とくらべると攻守共にバランス良くなっていた。
特にセンターバックに森田選手とトップ下に第新選手を起用した事だ。ボランチの丹野選手は前戦同様上手く機能していた。

 次戦も攻守にわたりバランスを保つ事が重要だと考えている。サイドに関してはもう少し左からの攻め上がりの精度上げていく必要がある。高見選手の活躍に期待したい。その他新戦力も充実して来ているので出場機会を与えていきたい。

 カルディオ社会人は子供達の見本となるようなサッカーを目指していきます。その為にはもっと練習を重ね、日頃子供達に伝えている事を実践していけるようなチーム作りを目指します。

応援よろしくお願い致します。


第新選手 MF・DF
 2戦目ということもあり、体の力も抜け集中した状態で試合に望めました。相手のプレッシャーが甘かったことから、前半は中盤を支配するこができ、シュートチャンスを多く作り出すことができたと思います。後半は体力的にも肉体的にも疲労が溜まり、一気にパフォーマンスが落ちたと思います。次節までには1試合通して最後まで体力が持つよう鍛えていきたいと思います。