CALDIO FC社会人チーム発足&初戦結果


 今年の5月よりカルディオ社会人チームが発足致しました。所属選手15名ほどで、北摂3部のリーグからスタートとなりました。練習は月2回程で、現在の目標はまず北摂2部へ上がること、そして兵庫県の県リーグ参入を目指しております。カルディオ公式HPでは、社会人チームの紹介ページも新たに加えられましたので、そちらもご覧下さい。そんな中、先日5月11日(日)に北摂3部の初戦が行われました。結果は…

CALDIO FC 6 : 2 セルフィッシュFC
前半
0-1 (失点) 
1-1 安藤選手
1-2 (失点)
2-2 森田選手 FK

後半
3-2 竹内選手(T選手アシスト)
4-2 T選手(森田選手アシスト ロングボール)
5-2 T選手(森田選手アシスト)
6-2 森田選手 CKヘディング

で、初戦を勝利で飾ることができました。この試合に関する選手達のコメントは下記の通りです。

●神谷選手 FW・MF
 カルディオの伝説が始まった。選手の年齢は18歳〜41歳と幅広く、初戦ということもありまさかの2失点。連携やポジションのミスが目立った。その点は今後の練習でしっかりと改善していかなければならない。今回の相手は、去年の3部リーグの4位であり、3部のレベルを計るにはちょうど良い相手であった。

●T選手 GK
 初めて会った選手もおり、コミュニケーション不足のところが始めにでて2失点してしまった。そこの連携に関してはこれからの練習で改善していき、チームメイトのスタイルを理解していく必要がある。また反面、仲間の長所も理解できた部分があり、今後につなげていける。選手層の薄さも現在の課題であり、選手を増やしていく予定である。
 GKとしては風邪が強い分難しかったが、何とか対応した。今回はあまりボールが飛んでこなかったが、連携の部分は高めていかなければならない。

●T選手 MF
 久しぶりの試合で、試合勘がやや鈍かった。前半は特にそれがひどく、後半は少しずつ解消されていった。この日入れた2点のうち、1点目は森田選手が左サイドから良いグランダーのクロスをファーサイドに蹴り込み、それを触るだけだった。2点目は、第新選手が相手ディフェンスラインの裏を抜け出し、ゴールに背を向けた状態となった。それを右サイドへ流してもらい、GKと1対1になったのでシュートした。1点目の前にあった決定機を外したが、決定機を確実にしていける選手にならなければならない。

●森田選手 MF
 初戦なので固く、開始早々の失点もあって焦りましたが、良い雰囲気に持ち直す事ができたので解消することができました。次のリーグ戦までにまた練習して、もっと良いサッカーができるように頑張りたいです。前半終了間際の2点目に入れたフリーキックについては、良い位置でもらえたので決まる気しかしませんでした。左45度から右上隅へのコースは得意コースでした。

●第新選手 DF・MF
 前半は固い試合でしたが、なんとか引き分けで折り返す事ができ、後半は全体的に体の力も抜け、リラックスした状態でプレーすることができました。後半は相手の足も止まってきて運動量も落ち、決め所はだいたいしっかり決める事ができていたかなと思います。課題としては、チームとしての戦術をより固めていきたいです。今回の試合は特に攻守にわたって戦術があったわけではなく、個々の判断だけでのプレーになっていたので、噛み合わない部分があったのは当然だったと思います。そういったところは練習を通して、試合を通して、チームとしてコンセプトを固めていきたいと思います。

●拓人選手 DF
 固かったけど、勝ててよかったです。ディフェンス陣とキーパーとの連携が悪く、安易な失点シーンが続いてしまったので、次回の試合までに修正したい。また自分自身、あまり攻撃に絡む事が無く、持ち味を出し切れなかったので、次回は攻守にわたり活躍したいと思います。